スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高山お誕生日旅行



行って来ました冬の高山!
この季節に温泉は、かなり嬉しいね。
今回泊まった四季彩の宿萩高山は、小高い丘の上にあって高山市内を一望できて眺めも最高!
久しぶりに雪を見たよ!
しかも積もってる雪!
普段ゆっくり入れない温泉に入れたのも、すごく嬉しかった。
朝は完全貸切状態でゆっくりできたし。
温泉につかりながら雪が切々と降ってくるのを眺めて、すっかり時間がたつのを忘れちゃったよ。
こんな素敵な場所に連れて来てくれた彼女に感謝!
雪の為に乗鞍岳は見えなかったけど、料理がうまかったから、まあいいや。
今度は天候の安定してる夏とかに行きたいな。
次行く時は3人になってるね!
高山に実際行ってみて、一人で行ったりしたらきっと自殺志願者か何かと間違えられるだろうなと思った。
ずっと行きたかったけど、早まって一人で行かなくて良かったぁ~(笑)
スポンサーサイト

白銀の世界へ

15日土曜日は誕生日のお祝い旅行で高山に行ってきます。
彼女が「誕生日に行くとしたら、何所に行きたい?」って言うから、名鉄の吊り広告でいつも景色が綺麗だな~って思ってた高山をリクエストした。
せっかくの冬なんだから、雪も見たいし、温泉も入りたい!
普段温泉には入れない人なので、ちゃんと貸し切り温泉のある旅館にしてもらった。
これで何の気兼ねもなく温泉を楽しめる!
雪化粧の北アルプスを見るのも楽しみ!写真もたくさん撮ってTrekEarthも更新しなきゃ!

水の中の週末

先週の水族館に続き、今週は水の中での週末でした。
今回はDanとその他大勢(って言っても7人)で、プールあり、温泉あり、遊園地ありのナガシマスパーランドへお出かけ。
何度もDanに誘われては、「隠さないといけないものがあるし、プール&温泉は勘弁して~」って断ってたんだけど、「隠せば大丈夫だから!」って説得に遂に根負けして行って来ました。
今年の夏は、毎週出かけて本当にイベント盛り沢山だな!

10時半頃ナガシマに到着して、早速プールへ。
この日は曇り空ながら、まだまだ家族連れやカップルなんかでいっぱい。
夏休みが終わっても、まだまだ気分は夏なんですね。
着替え終わってDanがみんなの写真を撮った後は、「あのスライダー行こう!次はあれ!」ってどんどんスライダーを制覇。
プールなんて本当に久しぶりで、もう来れないだろうと思っていたから、なんだか童心に戻ってはしゃいじゃった。
完全海水浴派だったので、流れるプールや波の出るプールなんて来たことなかったしね。
それにしても波の出るプールに人がごった返しているのは、なんか人がでっかい機械で洗われてるみたいで変な感じ~


3時頃まで泳いだ後は、個人的に今回の目的スチールドラゴンを制覇すべく遊園地セクションへダッシュ!
「あんなの乗り物じゃない!」と直前までゴネてたRumiは、「何事も経験だから」と言いながら乗ったものの、プチ・チキンのNoriはパス。
スチールドラゴン下のベンチで寝てました(笑)
ジェットコースターも何年ぶりか思い出せないよ。
馬鹿だから高い所大好きだし、スピードと落ちる瞬間のふわぁっと感が堪らないから機会があれば絶対乗りたいってくらい好きなのに、ここ数年は遊園地に行く機会すらなかったからね。
Danと自分だけが最初から最後まで腕上げっぱなし、あとのみんなはずっと顔を上げれなかったらしい。
降り口にある搭乗中写真コーナーで写真を見たら、Danと自分の二人だけがちゃんと写真に写ってて、あとのみんなは下向いてたもんだから顔が映ってないし(笑)
それでも中学生のMasatoやジェットコースター嫌いのRumiは、怖いと言いながらも制覇したからすごいよな。

夕食の時間までの間、アウトレットモールに移動してブラブラ~
特に買いたいものもなかったから、みんなでNoriのスニーカー選びに付き合ってあげた。
結構優柔不断なNori、最終候補を2つまで絞ったまでは良かったんだけど、どっちにするかが決まらない…
結局みんなの多数決で決めました。

広場にいた風船のお兄さん

スニーカーを買った後は、ちょっと早めの夕食を摂って、問題の温泉の方へ(かなり気が重い)
男湯女湯に分かれる前に待ち合わせ時間をキッチリ決めてから中に入って、何種類もの温泉を堪能。
もちろん肩からバスタオルを被せて、体を隠しながらね。
温泉で肩からバスタオルをかけてると逆に目立っちゃうね(汗)
湯につかる時は、必ず隅っこで体が見えないくなってからタオルを外す。
なかなか面倒臭い…でも仕方がない。
なんか笑っちゃったのが、男性陣は貸し出しのタオルで前を隠してるわけですが、タオルを腰に巻くとタオルに印刷されてる「ゆ」って文字が丁度股間のところに来るんですね。
みんな股間に「ゆ」って書いてある(笑)
どうでもよい間抜けな光景でした。
温泉から上がって、「温泉の後はやっぱ牛乳でしょう!」って事で、売店で7人が牛乳一気飲み!

この日最後のイベントは、花火!
今年は本当に沢山花火見たなぁ~
芝生の上に腰を下ろして芝生の香りを嗅ぎながらの花火鑑賞。
人もそれほど多くなかったし、かなりリラックスして見れて良かったな。
それに花火の解説するおじさんがなかなか面白かった。
それにしてもいろんな花火があるんですね!
今年は花火を見た回数も多かったけど、いろんな種類の花火も見たな~
来年の夏も沢山花火みたいね。


花火ムービーはこちら

花火が終わった後は、最終バスを逃さないようにバス停にダッシュ!
人混みの中を駆け抜けて、なんとか逃さずに済みました。
Danが今度は年越しで花火を見に来よう!って言ってたな。
年越し花火に、年越しジェットコースター、そして年越し温泉!
なかなか楽しそう!

今度の週末は、東京だぁ!

続いて京都

実家から新幹線で名駅に戻って、そのまま名駅でMatt&Emilyと待ち合わせ。
先週から日本に来ていたEmilyが到着してすぐに具合が悪くなったから、京都前の大阪旅行の予定をキャンセルして松本でゆっくりしてたらしい。
で、名古屋経由で京都に行くから一晩泊めて欲しいって、全然ウェルカムですよ。
だって京都で1日遊ぶ約束してたから、手間省けて良いじゃんね。
今回Emilyは初対面。
日本語の上手な奥様で…こっちの英語は…ヤバいね。
金山のハワイアン・レストランで前回の松本での思い出を話しながら食事した後、アパート近くのビリヤードで前回の雪辱戦を。
結果は惨敗…
やっぱアメリカ人には勝てません。だった家にテーブルあるっていうんだもん。
たまにしかビリヤードしない人間が、毎日練習してる人間に勝てるわけがない!
Emilyが名古屋の暑さに参ってしまった為、この日は早々とアパートに戻って就寝。

夜が明けて16日。
京都行きは別々の便で泊まるところも別だったから、17日に金閣寺で待ち合わせの約束をして一本前の新幹線に乗る二人を見送った後、後から二人を追いかける形で京都入り。
名古屋よりも涼しく感じるものの、やっぱり8月の京都、暑いのには変わりない。
新幹線を降りた途端に、汗ダラダラでした。
チェックインまで時間が少しあったので、荷物だけホテルに預けて、川原町をうろつく。
去年も京都には来ていたので、あまり街並みの変化はないものの、送り火があるので、浴衣姿の人が目立ったね。
てか、京都に着くまで、この日に送り火があるって知らなかったんだよね(苦笑)
何でもホテルの屋上から送り火が見えるってんで、夜の清水寺特別拝観に行った後ゆっくり見ようかな~って思いつつ、ホテルで夕方休憩。



何度も京都を訪れたことはあっても、夜の清水寺を訪れるのは初めて。
この日が夜の特別拝観が最後の日だったので、拝観者もすごく多かった。
清水の舞台から眺める京都の夜景はキラキラ輝いて綺麗でしたよ。
個人的に特別拝観の一番の目玉は、随求堂胎内めぐり。
真っ暗な中を手すりを頼りに進んでいって、暗闇の中で一点の光明を見つけましょう!って、大悲母の胎内はマジで真っ暗!
普段生活してたら、目を開けていても目を閉じているような闇って体験する事ないから、手すりを離せなかったよ。
前を進む人の話し声と手すりを頼りに約10分くらい進んで、心身の新生を覚えることは残念ながらできませんでした(苦笑)
夜の清水寺を満喫してホテルに戻って、急いで屋上に向かうも送り火は残念ながら終わってた…
 

17日朝、Matt & Emilyと金閣寺の入り口で待ち合わせ。
昨晩二人も夜の清水寺に行ったらしい。
一緒に行けばよかった…
金閣寺は見た目のわかりやすさも手伝ってか相変わらず外国人が多いね。
自分が外国人を京都に案内するとしたら、絶対金閣寺に連れて行くと思うし。
Matt & Emilyは、まるで新婚旅行のように写真、ビデオを取りまくってたな。
二人とも久しぶりに会ったこともあって、幸せそう!
見ていて微笑ましいね。
金閣寺の後は、京都御所に立ち寄って、河原町でショッピング。
かなりおバカなプリクラ撮りましたよ。
Mattが日本に住んでた頃に撮ったプリクラから、ここ数年でかなり進化を遂げていて、あまりの進化に興奮しっぱなし!
河原町の後は、知恩院から八坂神社を抜けて祇園を散策。
「名古屋でも京都でもトムがいてくれて助かった。二人だけだったら何処に行ったらよいかわからなかったよ。」って、そこまで京都に詳しくないですよ。
ここで新幹線の時間が近づいてきたので、京都駅へ。
3人とも東京方面に向かうのに、これまた別の新幹線。
先に出発する2人を見送って、こちらもゆったり時間で名古屋へ向けて出発。
「今度はいつ会えるかなぁ?アメリカにも遊びに来てね!」って、毎回言われるんだけど、アメリカ本土には10年行ってないな…
会いたい人はたくさんいるんだけど、なかなか機会に恵まれないのが現実。
こうして日本で一緒に遊べるのも特別な時間ですね。
Matt & Emily、また会えるのを楽しみにしてるよ!
名古屋まで遊びに来てくれてありがとうね!

Matt 壊れる in 松本



昨日の更新から気を取り直してっと、松本への旅行の報告です。
名古屋から約3時間のバスの旅を経て(耐えて?)午後1時過ぎに松本バスセンターに到着しました。Mattは約束通り到着前から待ってくれてたのは良いのですが、いきなり酒臭いです…(うぅっ!)
なんでも朝4時まで飲んでたそうで、バッグの中にはウォッカボトルが入ってるし。
「飲む?」って、仕事で24時間以上起きてるのに、そんなの飲んだら一瞬でイってしまいます!

松本の印象ですか?
松本って綺麗な川が流れる素敵な街です。
綺麗な川が流れる風景好きですよ。

Mattは夕方に知り合いの着物の先生に浴衣を着せてもらって、この日夕方から開かれる「松本ぼんぼん祭り」で踊ることになっていたので、それまでパルコなんかで時間をつぶして、4時から着付けしてもらった。
こっちは無料カメラマンです。
Mattは留学生達の列に入れてもらって、Mattが踊ってる所を写真に収めたり、ビデオ撮ったり。
踊り知らないから、列の先頭で手本を見せてる人を真似て踊ってた。
振りを間違えたりしてハシャいでると、すぐに休憩の合図。
「もう十分踊ったから、ご飯食べに行こう~」って、そんなんで良かったの?
Mattの踊りを見たい方はこちらを見てね。

Mattが連れて行ってくれたのは、お気に入りのA RE KO REって居酒屋で、「揚げ出し豆腐と生春巻が絶品なんだ!」って言いながらオーダーしたくせに、テーブルに来た時自分で何を注文したか思い切り忘れてるし!
まだ昨日の酒が残ってるでしょ!
言葉も下品になってるし!
かと思えば、いきなり下ネタに走るし(笑)
こっちはMattが暴走しないか見張ってないといけないから大人しく見張り役に徹してました。
1時間くらいでお店を出て、帰ろうか?ってなって駅に向かってる途中、歩道でずっと踊りながら歩いてるし、居酒屋が店前に出してるカキ氷のトッピングのマンゴーを突然食べだすし!
かなりの暴走!
酔ってるせいで電車の中で隣の女の子に、「次の駅は何駅だ?」ってしつこく聞くし~。
こっちはもう恥ずかしすぎて寝たふりです。
家に着いたら、すぐにポックリとイっちゃった。

翌朝10時頃目覚めたら、「夕食の後の事を覚えてない」って…なんて幸せな貴方…
昨日の暴走ぶりを教えてあげたら、「やべぇ~ワイフに怒られる」って(笑)
とりあえず黙っとくから安心しな。

夕方の帰りのバスの時間までは松本城周辺を観光。
想像してたのよりも松本城は小さかったけど、お堀に反射して映ってる城の姿が綺麗でいい感じでしたよ。
城内には入らなかったので時間が余って、近くの縄手通りを散策して時間を潰す。
小さな通りに商店やお土産屋が立ち並ぶとおりの雰囲気が懐かしい感じがして、結構好きだったな。Mattが働いてる松本市民タイムズの取材で行ったたい焼き屋さんに連れて行ってくれて、素朴で懐かしい味を楽しんでバスの時間に合わせてバス乗り場に向かって、2日間の短い再会の時は終わり。
来週来る彼の奥さんと会えればいいね~って話をしてバスに乗り込んだ。

彼の奥さんって、日系2世で6歳くらいまで日本に住んでたから日本語ペラペラなんだって。
英語を話さずに済むから楽できそうだな~なんて怠けた事を言ってたら、また英語忘れそう。
英語で頑張ってコミュニケーションしよっと。
Mattまたね!奥さんが来たんだから、壊れるのも程々にね!

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。