FC2ブログ

家庭内の確執

トムと家族の関係は、ぶっちゃけ良くない。
家族、親戚から距離を置き、家族の中でも孤独感を感じることもしばしば。
家族との会話もほとんど無い。本当に必要な時にしか話さない。それも日常のどぉ~でも良いことばかり。重要な事は一切話しません。

今日は何故こういう状況になってしまっているかを話しましょう。

18才で一人暮らしを始めて、初めてのお盆に帰郷した時、その出来事は起こった。というか知らないうちに既に起こってんだけど。
それまでは何度か家族に対して、「んんん~???」って思うこともあったんだけど、大した影響を与える事はなかった。
でも、この出来事は今の自分を形成する決定的な要因になっていると思う。

久しぶりの実家に戻ることを楽しみにして家に戻ってくるなり、信じられない光景が待ってた。

家財道具が一切無い・・・

「母さん、出てったよ」

父からの説明はそれだけ。ホントにそれだけだった。
いつ出て行ったのか、問いただしたらワタクシメが一人暮らしを始めてすぐだって。
親戚中がこの出来事を知っていて、もちろん姉も同居してたので知っていた。
知らなかったのは自分一人だけ。

「え?みんな何ヶ月も黙ってたの??」


ただただ家族や親戚の考えてる事や黙っていた事が信じられなくて、悲しいというより呆れた。
呆れたのと同時に、自分一人だけ事実を告げられていなかった事に異常に腹が立った。

「しょ~もないことで連絡してくるくせに、重要な事は教えてくれないのか」

そんな思いに捕らわれて、自分はこの家庭の一員じゃないんだと思い始め、その日以来、家族に心を閉ざしてしまった。

その数ヵ月後、父親が単身赴任することになり、家を出ると同時に母親は何も無かったように帰ってきた。

「どういう神経してんだ?今頃何事も無かったように戻って来やがって!」

母親に対する不信感、怒りを止める事はもう出来なかった。でもその不信感、怒りを母にぶつけるわけでもなく、その感情をひたすら押し殺し続けた。
そのうち感情を押さえ込む事に限界を感じて、どうしようかと考えて思いついたのが、「誰も信じない、何も期待しない」だった。
この方法は実に効果的で(苦笑)、家族、親戚との関係だけでなく、友人関係までも壊してしまった。

こうして何人もの友人が去り、数年に及ぶ転落人生がスタートした。

この出来事の後も、何度も家族に不信感を抱いてしまうような出来事が続いてるけど、今日はこの一件で止めときます。

今でもよく人から「冷たい感じがする」と言われたり、自分で「人付き合いが苦手」と思うことが多々ある。まあ実際そうなんだけど。
変わる努力はしてるんですけど、結果が付いてきてないですね(汗)口数も極端に少ないですし。

最近よく思うこと

「家族って何ですか?」

...続きを読む

スポンサーサイト

Template Designed by DW99