スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月15日 Lyon

17日にCannesへ行くので、この日はJulieとの約束の時間まで、ほとんど準備の日。その他諸々・・・

アパート近くのSNCFのオフィスでCannesまでのチケットを購入。
始めオフィス入り口の券売機で買おうとしたら、何かおかしくて変えなかったから結局窓口で買う。
順番で並んでいる間も、普段日本でなら少し待っただけで、「まだぁ~?」ってなるんだろうけど、フランスにいたら少々待たされても全然気ならない。
なんか待ってる時間さえ、ゆっくり流れてるような気がする。

無事チケットを買った後は、Bellecourでトラベラーズ・チェックの両替。
アメリカに旅行に行く時みたいに、どこでもT/C使えるのかと思ってたら全然使えないのね・・・
これはかなり困った。両替所では、かなりの手数料取られるし・・・
次はT/Cは一切持って行かない!!
現金持ってないと不安になるのは、骨の髄まで日本人だからか・・・

約束の17時頃にはJulieの家へ。
しばらくすると彼女のお父さんも帰ってきて輪に加わる。
ホントにフレンドリーなお父さんで、昨日ちょこっと見せてもらったレコードの話に熱がこもる。
レコード(そういえばアナログって言った方がいいのか?それともVinyl?)を1枚一枚取り出して、「これ、すごく好きだった」なんて言いながら遠くを見つめてる。
残念ながら今はプレーヤーが無いから、レコードで聞く事はないそう。
日本製品にも興味津々で、MP3プレーヤーや電子辞書(非常用です)を見て、驚く驚く!特に電池の値段に。
前にここで書いたように、フランスでは高いんです、電池。
一緒にネットでMP3プレーヤーの値段を見て、「お父さん、これ欲しい~!」ってなってる(笑)
お父さんは、満面の笑みで「うんうん、仕方がないなぁ~」ってなってるし。
こんな笑顔が素敵で優しいお父さん、良いなぁ~。

20時を回ったところでJulieは学校の準備があるのでお開き。
25日お父さんの誕生日に一緒に食事に行く約束をして、アパートへ帰った。

フランスのお父さん達は、みんな優しいなぁ。
星一徹みたいな親父っていないのかなぁ?
いるんだろうなぁ、きっと。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hamahama.blog13.fc2.com/tb.php/160-36e87bcd

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。