スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末はBuck-Tick

久々にネットでBuck-Tickリリース情報の更新をチェックしてたら、当然ながら「13th Floor With Diana」の収録曲がアップされてた。

ディスク 1
1 Enter Clown
2 降臨
3 Cabaret
4 異人の夜
5 Alive
6 Clown Loves Senorita
7 Goblin
8 誘惑
9 道化師A
10 Lullaby Ⅱ
11 Passion
12 Doll
13 月蝕
14 Seraphim
15 夢魔 - The Nightmare
16 Romance
17 Diabolo
18 Who's Clown?

ディスク 2
1 サファイア
2 誘惑
3 悪の華 (マルチ画面)

市松模様のジャケットが素敵です!もち初回限定盤予約です!
「Sweet Strange Live Film」もDVDで欲しかったので、絶対に買う!
ファン投票で選曲された「Catalogue 2005」の方も収録曲が発表になってたなぁ。
「さくら」と「疾風のブレードランナー」が入ってるのには、ちょっと意外。
まあ、こちらは「Tokyo」に投票するようなファンですから。

毎年年末になると彼らのDVDを買ってるような気がする。
というか、実際買ってるから、気がするってのはおかしいか。
今年も年末は、Buck-Tick三昧ってことで!


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hamahama.blog13.fc2.com/tb.php/200-8be4ef92

BUCK-TICKコンプリートベストアルバム「CATALOGUE 2005」
もう結成20年になるんですね。古き良きヴィジュアル系ロックバンドの中で、独自の美観を誇示しつつ、自らの音楽性に様々な要素をプラスすることで時代に逆らうことなくグルーヴ感を貫いているバンドは他にないのではないでしょうか。 1987年のメジャーデビュー以来、メンバ

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。