スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活字達の憂鬱

引越し後にネットがない時期は、ひたすら読書に励んでいました。
読書家の方たちに比べたら、活字離れが進んでいたので良い機会だった。
幸いネット開通後も、読書の習慣は抜けてない。
ここ3ヶ月で読んだ本は6冊。

F.W.ニーチェ著 「キリスト教は邪教です」
神舘和典著 「音楽ライターが、書けなかった話」
高橋龍太郎著 「人生にはしなくていいことがいっぱいある」
浅野素女著 「フランス家庭事情」
夏目幸子著 「フランスカップル事情~日本女性はなぜモテる?」
ミュリエル・ジョリヴェ著 「移民と現代フランス」


それにしても、フランス関係が多いなぁ。
「移民と現代フランス」は、現在読書中。
これももう終わりに近いので、また本屋に行って何冊か調達する予定です。
いつも大きい本屋に行って、何時間も過ごしながら(長い?)読みたい本を決める。
本屋って落ち着くし、楽しい。子供がおもちゃ屋に行く感覚って言ったら想像しやすいかもね。

今買いたい本は、数江譲治著 「フランス語のABC」
勉強しないとね!




先週久しぶりに雑誌を買った
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hamahama.blog13.fc2.com/tb.php/236-463367d1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。