スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Before back to work

午前3時頃にGeraldineが無事にフランスに到着したのを確認してから結局2時間ちょっとしか眠れずに、今朝思わずコーヒーを2杯分作っちゃいました・・・
1ヶ月前の生活、1人の生活に慣れるには、まだ少し時間がかかりそうです。
今日は、未だにGeraldineがいなくなってしまった事に違和感と寂しさを感じながらも、明日27日から仕事に復帰する為に、忙しくなったらなかなかできなくなる買い物を全部済ませてきました。
この週末、名古屋では「どまんなか祭り」なる祭りが開催中で、そんな事とはしらず、大変な人混みの中を歩く事になって疲れちゃった。

今日の買い物は、書籍の買い物が中心。
先日の更新で書いた時から、これを買ってしっかり勉強するぞ!って決めてたディコ仏和辞典
彼女に伝えたい事も、満足に伝えられないなんて、なんて情けない!!って思って、再会の時までに少しでも勉強しておこうと更新した時から買うと決めてた。
もう本当に思いを彼女の国の言葉で伝えられないのが、自分で悔しくて悔しくて・・・
ある意味、自分への挑戦です。
今思えば、英語を勉強しなおしたのも、「悔しさ」からだった。
「学校で勉強したはずなのに、なんで喋れないの??」
そんな思いした事ありませんか?
Tomのモチベーションって、この「悔しさ」から出てる事が多いです。
それが良いかどうかは別として。
フランス語の勉強は、次回悔しい思いをしない為!
仕事の都合さえつけば、独学だけでなく、きちんと会話も勉強できる環境(語学学校ね)へ飛び込む事も真剣に検討しています。
もちろん英語の勉強も!
ディコ仏和辞典 ディコ仏和辞典
山田 ジャク、宮原 信 他 (2003/02)
白水社
この商品の詳細を見る

しばらく大きい本屋へ行けそうにないので、辞典と一緒に2冊ほど買いました。
上のロック豪快伝説は、新旧ロック・ミュージシャンの伝説(笑い話?)を面白可笑しく綴ったロックの裏話を楽しみたい方には持ってこいですね。
有名な伝説(笑)が殆どなんですが、結構改めて読むと「そういえばこんな記事読んだ事ある!」ってなって面白い。
そのミュージシャンの曲を聴きながら、読むと更に楽しめるかな?
下のいかしたバンドのいる街では、説明無用のスティーブン・キングの短編を6篇収めたお徳(?)な一冊。
一話が短いので、結構集中して一気に読めそうで、細切れの時間を楽しく過ごせそう。
2冊買ったから、どっちから読もうかな~?
ロック豪快伝説 ロック豪快伝説
大森庸雄 (2004/06/26)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

いかしたバンドのいる街で いかしたバンドのいる街で
スティーヴン キング (2006/08)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

こちらは、ついでと言っては申し訳ない、来月の来日公演が決定してるManic Street PreachersJames Dean Bradfieldのファースト・ソロ。
バンドでは、歌詞の殆どはNickyが書いてるから、個人的にはJamesがどんな歌詞を綴ってくるのかに興味があった。
サウンドの方は、バンドの音楽的舵を取ってるだけあって、バンドサウンドに近い感じ。
来月の来日公演が楽しみだ。
Great Western Great Western
James Dean Bradfield (2006/08/22)
Sony BMG Music Entertainment
この商品の詳細を見る

今日のこの買い物で、以前の節約生活に戻ります。
次回Geraldineに会うのは、春、約8ヵ月後なので今回の再会費用を貯めるよりも多少スピードを上げて頑張らないといけないかな。
でも再会を望んでるのは、誰でもない自分だから頑張ります!
離れているのは辛いけど、次の目標があるのはいいことですね。


スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hamahama.blog13.fc2.com/tb.php/324-69879eae

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。