スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴方はその時にこの言葉受け入れられますか?

先日の更新で少しだけ書いた事なんだけど、このところかな~り参ってます・・・

先週Geraldineから彼女のお母さん、Francoiseがもう長くないってメールがあったから。
彼女が今年の夏日本に来る前から癌の治療で入院してて、先週投薬で痛みを取る事しかできないってお父さんが医者から告げられたらしい。
実際彼女が日本にいる間にも一度危ない時があって、もう本当に心配で心配でその日は何も喉を通らなかった。
彼女を早めに帰国させた方がいいじゃないか?とか色々悩んだよ。
その時は持ち堪えて、電話で「私は死なないから、早く会いに来てね」って言ってたのに、3週間後には今の状況・・・
だって癌だってわかってから、たったの一年ちょっとだよ!
もうやるせない気持ちでいっぱいです。
会いに行ってあげればいいのに~って思うでしょう?
今すぐ会いに行くのは可能なんだけど、複雑な事情があって会いに行けないから更に辛い・・・
お母さんは告知されていなくて、突然こちらから会いに行っちゃうと何故突然会いに来たのかわかっちゃうから、突然の訪問はまずいと思うんです。
この状況を無視して、会いに行っちゃうのは独りよがりのエゴかなと思うし。
ここからは祈る以外何もできない悔しさと申し訳なさが毎日募るばかり。
祈る以外に何かできないかって考えに考えて、千羽鶴を折り始めました。
今家にいる時は殆ど鶴を折ってる。
願いを込めてね。
本当にそれしか思い浮かばないから。
今ようやく1/4くらいできたところです。

こんな時色んな人から声をかけてもらってるんだけど、中にはわかっていても納得できない言葉があって・・・

「人は毎日死んで、人は毎日生まれてるんだから仕方がないよ」

頭の中では理解できるよ。
でも感情と言うものが絡んだ時に、これってかなり堪える言葉だよ。
もちろんくよくよしないでって励ますつもりで言ってくれてるのはわかるんだけど、自分の愛する人が大変な時にこの言葉を受け入れれる?
少なくとも今の私には無理です!

Geraldineは、「しばらく英語で考えられないから電話は無理。メールなら何とか・・・でも返信できるかはわからないから許して・・・」って。
自分が彼女の立場なら、同じだと思う。
彼女が英語で考えられるようになるまでは、しばらく連絡は一方通行のメールになりそうです。
お母さんも心配、それを心配してるGeraldineの事も心配、お父さんJeanの事も心配・・・
今は本当に祈りながら鶴を折るしかできない・・・

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hamahama.blog13.fc2.com/tb.php/331-4aa21dec

コメント

この前のメールの返事まだ書いてなかったごめん。。
もしなんとか会いに行けるのなら、そしてつとむくんがそうしたいのなら、それはエゴじゃないと思うよ。お母さんも嬉しいと思う。
この頃癌が多いよね。この世に増えた化学物質等が1つの原因だろうね。。
手術もできなくてもう何もできなくなって最後の手段でサプリメントで生き延びた人の話は聞いたことがあるよ。サプリメント?!って思うかもだけど。。
彼女から話を聞いてからはふとした時にお母さんの事を考えるようになったよ。
私も会いに行きたい。
最後に会ったときはやっと退院できたって喜んでたのに・・こんなに突然いなくなっちゃうなんて・・。
私は会いに行こうかなと思ってる。
本当のことを感づかれたとしても、このまま会わずに終わることだけはできないじゃない?
会いに来る事で元気付けられるかもしれないし・・
努君は距離の問題があるんだよね・・
もし実際にこっちに来れるようなら、
お母さんを心配して来たんじゃなくて休みをもらったからフランスに遊びに来たって言えば大丈夫だよ。
Geraldineに私たちを病院に連れて行く気力があるかわからないけど・・
遅い返事になっちゃった
2人とも返事が遅くなってゴメン。
当分ネット滞在時間が凄く少なかったから。

princess ---> 結局会いに行く事もできないまま、お母さんは天国へ行ってしまったよ・・・
やっぱり会いに行こうと思っていた矢先の知らせで、未だに信じられないし、会いに行かなかった事を後悔してる。

あきこ ---> あきこは会いに行けたかい?
最後はもう距離の問題じゃなかったんだよね。2人からのコメントを読んでから、Geraldineと家族に迷惑じゃなければ今すぐ行くよってメールしてたんだよ。でもその話が進む前に、お母さんは亡くなっちゃった・・・
もっと早く自分が動いていれば、会えたかもしれないのに・・・って、今となっては取り返しのつかない事で、堂々巡りしてるよ。
実は彼女が帰国する時に、一緒に行こうかな?って考えた事もあって、その時はお母さんの「私は死なないから大丈夫よ」って言葉で安心しきってたところがあって行かなかったんだ。今思えば、2人が安心して2人の時間を楽しめるようにお母さんが気を使ってくれたのかも。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。