スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取引先の外国人

何故か以前勤めてたいた会社の取引先のインド人、Robert(もちろんターバンはしてませんでした・笑)の事を思い出した彼は、かなり強烈なキャラだったので、忘れようと思っても忘れられない。今思い出しても笑いが出るくらいなので、書いてみようっと。

彼は取引の度にインドから、飛んできたご丁寧にお土産を持ってこのお土産が笑いの種なのです。彼がいつもお土産として持ってきたのは、ウィスキーちなみに彼は独学で学んだ日本語を駆使してコミュニケートします。以下がお土産を渡す時に、毎回繰り広げられた会話。

「俺、お土産持ってきた」
「あ、いつもありがとうございます!」
「開けろ。ホントに美味いウィスキーだから」
(何故か箱が空いてる。この時点でこちらは、まただと気づく)
「あの~、これ箱空いてますね」
「うん、俺が飛行機の中で飲んだ。美味かったよ。まだ残ってるから大丈夫」
「あ、そうなんですか・・・

そう、彼はいつも来る途中にお土産のウィスキーを飲んじゃってたんです。今となっては、彼がお土産としてウィスキーを買っていたのか、自分で飲みたいから買っていたのかは知る由も無い。彼は今思い出しても笑える程、強烈なキャラの人物だった。元気にしてるかな~?

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hamahama.blog13.fc2.com/tb.php/40-72c582b4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。