スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人曰く

友人(ネイティブ)曰く「トムが日本語で話してる時と、英語で話してる時は全然印象が違う」

英語で会話してる時は、非常に論理的で自信に溢れて見える。一方日本語では、物腰が柔らかすぎる、悪く言えば、ちょっと自信なさげに見えるらしい。

そうなんだぁ~。自分では全然気づいていなかった。英語だと第一言語で無い分、一生懸命話さないといけない!!という意識が無意識に生まれてるのかも。その熱意が自信のように見えるとかもね。
その上、英語に対する無知ゆえ、言いたい放題言ってるってのは、自覚症状がある。4 Letter Wordsもバンバン使ってる(あくまで友人とね)一応TPO(この言葉、久しぶりに使った)は気をつけてるよ。

外国語学習は、いろんな意味で開き直りが一番なのさ、ふっ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://hamahama.blog13.fc2.com/tb.php/47-b9f43808

コメント

興味深いお話ですね
言語の話題は大好きなので、またまたお邪魔します~f(^^;

>英語に対する無知ゆえ、言いたい放題言ってるってのは、自覚症状がある。

そうそう、日本語ではとても言えない様な単語を平気で言えますね^^
その語をタブー視する文化の中で育っていない為でしょうか。

言語と文化はほぼ一体の様な気がします。言語によって文化が発展し、また文化が言語を豊かにする…言語って素敵ですね^^
いつもコメントありがとうございます
こんばんは☆

やはり文化的背景を知らずに育っているので、本当は使ってはいけない言葉も平気で使ってしまうのでしょうね。使ってはいけない言葉も、ただの言葉として捉えてしまうのかもしれません。日本に来たばかりの外国人が面白がって、まず汚い言葉を覚えようとするのと同じなんでしょうか。
タブーへの挑戦?!
トムさんお早うございます☆

非母国語話者にしてみれば、一応タブーとは知っていても、あくまでそれは知識であって実感がないので、「タブー語を使って周りを困惑させてみたいけど、母国語ではちょっと言いにくい」という遊び(いたずら?)心を発散させてくれるのが外国のタブー語かも知れませんね^^
寝坊しました
Lioさん、こんにちは。今日は昨晩の帰りが遅かったので、かなり寝坊してしまいました^^;

確かに知識としてタブーだと知っていても、何故悪いのか、いけないのかと認識がないので、ついつい使ってしまうのかも知れませんね。(子供みたいですね)

>「タブー語を使って周りを困惑させてみたいけど、母国語ではちょっと言いにくい」

私は、言いにくい事をいけない言葉で言ってみようとすることで、悪戯心と満たしている気がします^^

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。