スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早朝から今までの音楽生活を振り返ってみた


会社からの帰り道にあるガイシホールの近くを通ったら、氷室京介のツアー・トラックが!
氷室自身のアップの上の辺りに「20th Aniversary Tour」と書かれてある。

「もう20年になるのかぁ~」

心の中でそう思った。

ヒムロックはソロになってから20周年。
当の自分も20周年。
何が20周年かというと、初めて自分の意思で選んで、子供なりに少ないお小遣いをせっせと貯めてレコード(CDじゃないですよw)を買ってから20周年なんです。
その曲がヒムロックの「Angel」というソロ・デビュー曲だったんです。
それまでは親が聞いてたThe BeatlesとかThe Ventures、車の中でラジオから流れてくる当時のヒット曲ばかり。

当時シングル(もちろんレコード!今風に言えばアナログw)が確か700円だったかな。
少ないお小遣いから捻出して買ったから、当然持ってるレコードなんてその1曲だけ。
他に聞く曲を持ってなかったから、ピンク色のぼやけたヒムロックの顔のジャケットとその裏面の歌詞を眺めながら、ひたすら聞き続けた。
本当に擦り切れるくらい。本当は擦り切れなかったけどw
音楽を聞く時は歌詞カードとアートワークなんかを眺めながら聞く習慣は、この頃に習慣になったのかも。

それから20年。
今も音楽聞いてますよ!
20年の間に音楽的嗜好が変わってしまって、残念ながらもうヒムロックは聞いてないけど。
少年時代にヒムロックに出会ってなかったから、今のように音楽を聞き続けてなかったかも。
そう思うと氷室京介に感謝!
あなたは今でもカッコいいです!
移り変わりの激しい音楽の世界で20年も第一線に入れること自体すごいと思う!
音楽なんてただのBGMと思っていた一人の少年に、貯金させてシングル買わせたんだから、あなたは偉大です!

音楽ソフトも20年の間にアナログ→CD→ダウンロードと変化して、今ではパソコン等のメモリーの中に曲がファイルとして存在してる時代。
便利は便利だけど、やっぱりブックレットやCD本体のように形あるものとして存在しなくなってきてるのは寂しいかな。
欲しいと思ったら、すぐにダウンロード!
手に入れるまでのワクワク感とか、大切なプロセスが省略されたようでなんか味気ないです。
欲しいCDやアナログ(特に廃盤になったものとか所謂レア盤)なんかを捜し求めて、輸入レコード店や中古店で捜し求めてるCDやアナログを見つけるために店内の商品を一枚一枚めくって探してたのが懐かしい。
学生時代には欲しいCDを探すために旅に出ちゃったりw

自分の足で遠方まで行って苦労して見つけた曲って、ダウンロードで簡単に手に入れてきた曲とは思い入れの度合いが絶対違うと思う。
自分の中での曲の価値というか、曲への愛着というか。
ダウンロードして聞いてつまらなかったら、消去しちゃえば終わり。
後から聞きなおしてみて、「こんな良い曲だったんだぁ」って再発見もないし。
形あるCDやアナログなら捨てたり売ったりしない限り、自分の部屋なり車なりで転がってるはずだし、思いつきで聞いてみて再発見!なんてあるかもしれないし。
数が増えてくるとかさばるけど、そんな良い所もあるんだけどな。
これからはどんどん便利なダウンロードばかりになって、CDやアナログってのは完全なコレクター用になっちゃうんだろうね。
なんか寂しい。

氷室京介のトラックを見て、音楽生活を考える20年目でした。
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。